転職サイトを活用するメリットは沢山あります

保健師の転職サイトを活用した採用活動



保健師の採用状況は良いとは言えないのが実情です。 ここでは、保健師の採用状況と対策についてご説明いたします。

採用状況が良くない一番の理由は求人数が少ないことです。 看護師の場合は「入院患者様7名に対して看護師が1人の比率で配置されるのが理想的」とされており、50名の患者様の場合は夜勤やシフトを勘案すると約20名の看護師が雇用されます。 けれども保健師が仕事をする職場では対象人数が多くても保健師は数名である場合が多いのです。

保健師は離職する人が少ない仕事であることも採用状況に影響があります。 同じ医療職であっても看護師の離職率はとても高いです。 保健師は看護師のような夜勤がありませんから結婚や出産があっても仕事がしやすいです。 また地方自治体に就職できれば公務員として安定的な待遇が得られます。

こういった理由から一度、保健師に採用されたら長期間勤務します。 雇用側としても経験豊富な保健師はありがたい存在です。 まったく離職者がいないのではないですし、いろいろな理由から退職する人もいます。 その場合の欠員補充として新しい人材が募集されます。

では、どのように対策をすれば良いのでしょうか? 一つは、パートタイムや派遣保健師として仕事をする方法です。 保健師の仕事は一年を通じて繁忙期と閑散期があります。

新年度になると企業や学校での健康診断や健康指導が全国一斉に実施されるので繁忙期になります。 こういった時期には臨時で保健師が募集されるケースが多いです。 また産休を取る保健師の代わりとして人材が望まれることもあります。
そんな時は、下記の保健師転職の比較サイトが参考になります。
保健師の転職に強い求人サイトは?

保健師業務は少人数で実施されることが多いので「経験」が要求されます。 新卒の保健師は経験値がないですし即戦力にならないので採用を見送られることも多いです。 落胆せずにパートタイムや派遣保健師として積極的に活動しましょう。

そうすれば先輩保健師の下で経験を積むことができます。 同時に勤務先の実態が分かりますし自己PRできるチャンスにもなります。 これまでの活躍の場は「自治体」「企業」「学校」が大部分でした。 けれども今後は保健師が「介護センター」で活躍することも期待されています。

介護施設での業務は「医療機関との連携」「入所者や家族の健康相談・健康指導」「療養プランの作成」「入所者の健康管理」「看護」など保健師に求められる役割は数えきれません。

以上、保健師の採用状況と対策についてご説明いたしました。 少し採用が難しいようなイメージですが、それだけ一度職に就いたら仕事がしやすい環境であるのです。 「求人を小まめにチェックする」「従来の保健師の勤務先以外でも保健師を必要としている所を探す」など情報を得ること大切になります。
富山県立中央病院

保健師の気になる仕事の内容

保健師は看護師と保健師両方の資格を持っている必要がありますが、その仕事の内容が気になるという方もいると思います。保健師の仕事をひと言で表現すると、世の中の人の健康のサポートと言う事ができます。

看護師の仕事は病気になった患者さんのサポートを行っていく仕事ですが、保健師が接する方は健康な病気になっていない方もいます。そうした方が今後病気にならないようにサポートをしていく仕事で、看護師とはまた違った仕事のやりがいがあります。

保健師の主な仕事の一つに健康診断の実施があります。健康診断は医療関連施設などで多く行われていますが、その運営や段取りを行うのは保健師の仕事です。どのように行うか、当日の準備など、全てを任される事になります。

もちろん一人で担当するのではなく、複数の保健師や看護師の方と連携しながら進める場合が多いですが、規模の小さな健康診断の場合は一人で準備を進める場合もあります。

また、健康に関する相談やアドバイスなども保健師としての主な仕事の一つです。病気になっていない方も、体調などに何らかの不安を持っており、相談したいという方は多いです。

そうした方のために保健師が相談役となり、その悩みを聞いてアドバイスをしていきます。精神的な不安などから体調を崩してしまっている方もいるため、相談相手になるだけでも、大きな支えになる事ができる場合もあります。ここからカウンセリングの資格を取る方もいます。

また、他にも様々な病気の予防の周知を行う業務などもあります。病院などでは感染症を防ぐために注意を呼びかけていますが、そうした周知の業務も保健師が行っています。

他にも様々な業務があり、保健師の仕事は医療に関する幅広い仕事を行う事ができます。やりがいもある仕事なので、転職で検討してみるのもお勧めです。転職サイトで求人が幅広く募集されているので、まずはチェックして、気になった求人の内容を見てみると良いでしょう。

パートやアルバイトの保健師の求人について

保健師の仕事はパートやアルバイトでも行う事ができます。保健師は看護師の方が保健師の資格を追加で取得して仕事を始める事も多い職種です。そのため女性の方が多く活躍している傾向にあります。

女性の方は結婚や出産などで仕事を正社員としてフルタイムで続ける事が難しい方も多くいます。そうした方のために保健師の仕事はパートやアルバイトでも仕事ができるようになっており、転職サイトなどで正社員求人と合わせて求人が募集されています。

パートやアルバイトというと、時給1000円前後の収入をイメージする方が多いですが、保健師の仕事は専門性の高い仕事のため、比較的時給が高めに設定されています。時給で2000円ほどの収入を得られる場合も多いので、比較的短時間でもまとまった収入を得る事が可能です。

育児などで忙しいという方も、仕事ができる時間帯で働く事である程度の収入にする事ができるため、とても助かる仕事です。パートやアルバイトなら働く日数、時間、曜日なども融通が利くのがメリットです。

仕事の内容は様々なものがありますが、多くあるのが健康診断や検診のアルバイトです。比較的技術を必要としない仕事もありますし、保健師の方は看護師資格も持っているため、採決などの業務を行うアルバイトもあります。

これを1日通してや、数時間などで働く事ができます。一つの職場で働ける求人もありますし、単発でその都度空いた時に働ける求人もあり、あなたの状況に合わせて仕事を選ぶ事ができます。

また、看護師や保健師としての技術やスキルが身に付いている場合、時給が高めに設定される事もあります。そのためさらに割が良くなる事もあるので、現在正社員として仕事をしている方がアルバイトとして副収入を得るために仕事をしている例もあります。

使い方次第で色々な働き方ができるので、あなたのライフスタイルに合わせて取り入れていくと良いでしょう。育児などでブランクがある方が再度仕事に慣れていくにも、パートやアルバイトの仕事は適していると言えます。

↑ PAGE TOP