保健師のやりがいを見失いそうな方はチェックしておきましょう。

保健師としての<やりがい>はどういった時に感じるか

看護師の場合は患者様のお世話や治療のサポートをしますので「健康になるための力になった」という<実感>があるでしょう。 でも保健師の場合は<予防の効果>が目に見えません。 「地域の人たちや社員が健康でいるために自分が責務を果たしているのか?」と疑問を感じることがあります。
保健師の転職に強い求人サイトは?

ここでは、保健師としての<やりがい>はどういった時に感じるかを考えてみましょう。

1番目は、「人々の健康に対する意識が高くなった」と感じた時です。 「予防しようとする意識が低い」とか「病気に対する知識がなかった」ことを改善するのが保健師としての役割です。 健康相談や指導をして地域住民の健康意識が高まったと感じる時は充実感もあるでしょう。

「健康診断を実施して病院で治療する人が増えた」とか「インフルエンザにかかった人が減少した」など数字で表れてくることもあります。 それ以外にも「手洗い」や「うがい」など病気感染予防の心掛けが浸透してきた様子を見ることも保健師のコツコツと積み重ねてきた活動の成果なんです。

2番目は、「健康・育児・生活に関する不安を軽減できた」と感じる時です。 「人の話を聞くこと」は保健師の仕事の中でも大切なことです。 高齢者の在宅介護をしているご家族から相談され専門的な視点からアドバイスすることも必要です。

けれども「悩みや不安を聞いてもらいたい」と感じている人たちも多いです。 育児相談では「子育てのアドバイスをする」と平行して「育児の大変さの理解者」として保健師は期待されています。 現代社会は核家族化が進んでいますので話をする相手が求められている時代でもあるのです。

単に話しを聞くだけにとどまらず育児や介護の知識や医療施設への窓口にもなれる頼れる存在です。 しっかり話しをしたあと「相談者の不安や負担を軽くできた」と感じる時や、しばらくして生き生きと暮らしている様子を見ると<少しは力になれたのかも>とやりがいを感じます。

3番目は、人の一生に関われる仕事であることです。 看護師の仕事は人の一生のある一定時間に深く関わって健康状態を良くしてくれます。 保健師の仕事は「予防接種」「乳幼児検診」「母子指導」「健康診断」「健康指導」など人の一生の健康に関係する仕事になります。

以上、保健師としての<やりがい>はどういった時に感じるかをご紹介しました。 看護師は病気の後の笑顔を作る仕事で、保健師は病気の前の笑顔の時間を長くする仕事ではないでしょうか。

↑ PAGE TOP