保健師が感じる大変な瞬間とは?

保健師の仕事の「何が大変か?」の具体例

看護師も保健師も同じ医療分野に携わる仕事です。保健師の仕事の大半は夜勤もないですし緊急に生命に関わる状況に直面することは少ないです。
http://www.chickasha-cc.com/kiji2/

ここでは、保健師の仕事の「何が大変か?」の具体例を挙げてみましょう。

1番目は、指導的な立場になりますから「教育不足や経験不足を補う向上心が必要だ」ということです。 「健康教育」「メンタルサポート」「育児指導」など教育的指導的役割が要求されます。 その学習は保健師養成学校や看護学校で知識やスキルはマスターしています。

しかし新卒の保健師には<経験値>がありません。 経験がなくても人々にとって保健師は健康についての不安を相談できる頼りになる人なのです。 さらには適切な指導ができる専門家でなければいけません。 こういった経験不足を補ってくれるのは同じ職場で勤務してくれる先輩保健師です。

看護師の場合は徹底した教育プログラムがあり多くの先輩の仕事から知識やスキルを磨く<場>があります。 けれども保健師は同僚の人数が少なく「教育の機会が少ない」のです。 経験も少なく教育の機会にも恵まれない新人保健師が一人前に業務をこなさねばなりません。 「向上心がなければいけない」と言えるでしょう。

2番目は、幅広い年齢層に対する豊富な知識が要求されることです。 「高齢者介護計画」「成人健康診断」「予防注射」「母子保健」「乳幼児育児指導」など幅広い年齢層の仕事を担当します。 いずれも専門的知識が必要です。 限られた人数で多くの業務をこなし正確な判断をするためには深く幅広い知識は不可欠です。

3番目は、先を読む力が必要だということです。 保健師業務の一番の目的は<病気の予防>で最小限の健康被害にとどめ最大限の健康増進をすることです。 病気予防のために病気の話しや予防方法や食事の説明をしたりします。 また公衆衛生の向上を図り健康診断で病気のリスクがある人を見つけて指導します。

ここで必要な能力が<先を読む力>です。 病院の場合は今、目の前の病人をみて「どういった病気なのか?」「どういった治療が必要なのか?」を考えることができます。

けれども保健師の場合は「今現在健康な人がこれから将来も病気にならないように導くこと」や「健康そうに見える人たちが抱えている病気のリスク要因を見つけること」が仕事なのです。 そうするためには「個人個人のデータ」「最新医療」「社会の変化」などトータルに判断しながら一歩先を読む<判断力>が必要となります。

以上、保健師の仕事の「何が大変か?」の具体例を挙げてみました。 保健師の仕事は大変だけれども、やりがいが大きい仕事なのかもしれません。

↑ PAGE TOP