養護教諭がないと学校保健師になれない?

学校保健師と養護教諭について

近頃では不登校の子どもたちが保健室で過ごすケースも多くなっています。 とりわけ思春期の生徒を担当する養護教諭は問題を抱えている時期でしょう。 それだけやりがいのある職場とも言えるのでこれらを目指す人たちはさまざまなスキルを磨く必要があります。

ここでは、学校保健師と養護教諭について詳しく説明したいと思います。

学校保健師の仕事は、学校保健法に規定されており大学や専門学校に通学する学生や勤務する教員の健康管理や健康増進を図り心のケアをするのが仕事になります。 小学校・中学校・高等学校で似たような業務をする人は養護教諭になります。 学校保健師とは資格取得の面で違いがあります。

用語教諭の仕事をしたいならば対象が幼児や児童や生徒となり保健師資格以外に別途単位取得が必要です。 養護教諭になるには大学や短期大学や専門学校で所定の単位を修得するのが一般的です。

保健師が養護教諭になるには文部科学省令で規定している4科目8単位を取得し都道府県の教育委員会へ申請すれば養護教諭二種免許が与えられることになります。

単位が取得できる学校に通学すれば一種免許を取得することもできます。 これだけの課程を経てから保健師から養護教諭になっても学校で授業を担当することはないです。 けれども授業内容によっては担任に指導したり協力したりすることはあります。

高齢化社会の日本では保健所で仕事をする保健師ならば高齢者の健康維持や介護などが大きな役割になります。 けれども学校保健師や養護教諭は若者が対象になります。 一般的な保健師とは違うスタンスで仕事をしなければなりません。

とりわけ小学校などの幼いお子さまや中学校・高等学校の思春期の人たちが相手の場合はコミュニケーション能力も大切です。本来の仕事を遂行するのはもちろんですが、それプラス対象者とどのように向きあうのかが大きなポイントになります。

学校内でトラブルが発生したときは他の教師とは異なる立場や視点で物事を捉えることも大切で、学校保健師や養護教諭だからこそ気がつく点があるはずです。

↑ PAGE TOP