保健師の働く場所ってどんなところ?

保健師が働く場所について

保健師の仕事は健康管理に携わる専門職となりますが、特に予防面に重点をおいています。

保健師は大きく分けると「地域の保健師」「産業保健師」「学校保健師」と三つのタイプがあります。

これらは基本的な仕事内容は共通していても、働く場所やお仕事の内容など違ってきます。

地域の保健師の場合は、公務員採用試験に合格した人だけが仕事につけます。

仕事内容としては、保健所などで働く保健師は身体障害者・精神障害者また難病患者やエイズ患者や結核患者などに対して保健のサービスを提供します。

また家で病人の看護をする家族の人に、看護の指導を行います。この場合は、訪問看護師や医療機関との連携も必要になってきます。

地域保健法の規定として、任務の対象は地域に住むすべての住民となり、地域の保健師は、新生児から妊婦さん高齢者や障害者の人々を対象とし、保健業務を行っていきます。

そして産業保健師は民間の企業に勤める保健師のことをいいます。

産業保健師は、主に企業の医務室や保健センターで働きます。また大手企業には健康保険組合がありますが、そこでも保健師は必要な存在となります。

保健師の中でも、産業保健師は特に人気がありますが、その理由は高収入であることや各種手当てが充実している点、また福利厚生などが手厚い傾向にあるためです。

学校保健師は、専門学校や大学、小学校・中学校・高等学校などで働く保健室の先生をイメージするとわかりやすいでしょう。一人で実行するため常に忙しいのですが、やりがいのある仕事とも言えます。

対象者は青少年となり、一般の保健師さんと違うことが特徴となります。児童生徒の個別指導やクラス・学校全体の保健指導などを行います。

保健師さんに支えられて、健康面や生活の面でスムーズにいく事も多くあります。人のお世話をする仕事となりますが、やりがいも非常に大きいため、保健師を目指す者は多くいます。

↑ PAGE TOP